中外印刷
会員ログインオフセット輪転機導入美彩麗 高精細印刷の世界カラーマネージメント
ホーム > ハイエンドデジタル色校正機 デジタルコンセンサスプレミアム
ドニッチョサービス
ハイエンドデジタル色校正機 デジタルコンセンサスプレミアム
究極のデジタル平台校正機へ

従来のデジタルプルーフで再現できなかった、「本紙の紙白」や「刷の質感」を網点表現により再現します。印刷業界ではCTPを起点としたデジタルワークフローの成熟期をむかえております。しかしながらDDCPにおける色調や線画などの画像部の再現品質が高くなった現在でも、本紙の紙白や刷りの質感という印刷におけるアナログ的な要素を再現できず、平台校正刷りの残存率が高いまま完全デジタルワークフロー化への最後の障壁となっています。 デジコンプレミアムでは、 今までのDDCPでは再現不可領域であった「本誌の紙白」や「刷りの質感(ザラツキ感)」など、印刷における質感というアナログ領域まで再現幅を拡げ、パーフェクトなカラープルーフを軸とした完全デジタルワークフローの本格稼働を実現します。

デジタルコンセンサス プレミアム
コニカミノルタ

本物の網点と干渉モアレ

デジコンプレミアムは描画方式がCTPやCTFと同様のビームプロット方式です。また出力解像度も同様ゆえに印刷物と同じレベルの網点で表現しています。網点レベルでのループによる目視確認まで運用可能なので、プロフェッショナルな制作、制版、印刷に携わる方に最適な色校正システムです。 高いモアレ検知能力 デジタル色校正の最大の障壁の1つが網点干渉モアレ対策です。モアレは撮影時やスキャニング時に画像に発生する入力モアレと、印刷時に網点同士が干渉して発生する網点干渉モアレの2種類が存在します。後者のモアレが印刷部門にとり大きな悩みのひとつであり、技術的に網点のスクリーニングパターン(形状、線数、角度…etc)が、印刷物と同様でなければ再現できません。デジコンプレミアムでは「Colorcontrol-DT*」技術により印刷プレートと全く同じスクリーニングパターンで出力を可能とし、網点干渉モアレの検知能力を最大限に高めることに成功。他のデジタルプルーフとは一線を画した真のデジタル色校正システムと言えます。

本物の網点と干渉モアレ

本紙の紙白を再現(紙白可変技術) へ

印刷本紙は多種多様に流通し、そのトレンドも大きく変化している現在、印刷本紙の「紙白」も多種多様となっています。「紙白」は色の仕上がりに影響するだけでなく、印刷物全体の印象を大きく左右するファクターとなりますが、デジタルプルーフは「用紙の紙白」が固定されているため、印刷物に対して色の仕上がりや全体の印象に、大きなギャップが必ず発生してしまいます。これが色校正におけるフルデジタル化への大きな障害となっているのが実態です。 デジコンプレミアムでは白色系本紙の「紙白」を任意に再現する機能の開発に成功し、オプションとして搭載可能としました。「紙白」の違いによる印刷物とのギャップを解決することで、印刷本紙起因で選択せざるを得なかった平台校正刷りに代わるDDCPとして、初校からフルデジタルでの色校正を実現します。

白色系印刷本紙への紙白対応領域イメージ

色上質紙や雑用紙シミュレーション

色上質紙や書籍用紙シミュレーション
書籍用紙や色上質紙のような白ではない紙の色を着色して出力できます。地色への着色はドットではなくベタで再現、さらに画像部にも地色を追加着色していますので、仕上がりに対して違和感のない色校正が得られます。

印刷の質感・ザラツキ感を再現(ザラツキ技術)

一般的にDDCPは網点や線画を、オンオフのデジタルデータ通りに忠実に美しく描画しています。一方で印刷物はアナログ的要素が多々存在し成り立っています。例えば印刷本紙の紙繊維や塗工量、転写されるインキ、乾燥途中のドライダウンなどです。その結果として仕上がり画質はDDCPは美しく滑らかに、また印刷物はザラつく傾向が顕著にあり「質感」や「ザラツキ」のギャップは否めません。従ってDDCPは「色」は再現できるが、「質感」や「ザラツキ」の表現は不可能な領域というのが業界の通説でした。 デジコンプレミアムでは網点の濃度可変技術をさらに一歩進め、「質感」や「ザラツキ」の表現を可能にする、光学技術の開発に成功しました。再現不可能と言われていた、「質感」や「ザラツキ」をデジタルで再現することにより印刷物とのギャップを解決。平台校正刷りに代わるDDCPとして初校からフルデジタルでの色校正を実現します。

印刷物のザラツキイメージです。



墨オーバープリントの忠実再現

墨単色と墨+色版の濃度を個別に再現することができ、擬似的な表現しかできない従来のDDCPと違い、デジコンプレミアムは墨オーパープリントを印刷物と同様に再現します。 デジコンプレミアムは墨オーバープリント部分においての濃度が上がる状況までも忠実に再現します。

墨オーバープリントの忠実再現

特色の単独版再現

従来のDDCPでは特色はプロセス4色分解による疑似再現しかおこなえず、色校正としてはもとより検版の役割も果たすことができませんでした。デジコンプレミアムは印刷と同様に特色をプロセス4色から独立した単独板として出力するため、ベタから網点まで忠実に再現でき、性格な検版がおこなえます。

●インキメーカーの特色ライブラリ各インキメーカーの特色をデータとして辞書化。チラシなどの特色で印刷するべきデータを、プレセス版で代用して作成している場合、印刷で使用する特色に簡単に置き換えて出力できます。

DICライブラリ 1292色

特色の単独版再現

お問い合せ メールでのお問い合わせ
資料提供:コニカミノルタ グラフィックイメージング(株)